既存住宅も設置義務化!家庭用にはどれがイイ?火災警報器カタログ

全てのジャンル

日用品雑貨・文房具・手芸

火災警報器の義務化、もうはじまってます!火災警報器カタログ

あなたの寝室には、もうついていますか?
消防法の改正により、火災警報器の設置義務は既に記憶に新しいかと思います。
新築住宅は平成18年6月1日より、既存住宅についても、各市区町村の条例によって平成23年までの間に順次施行が予定されています。では具体的にどんなものを選べばよいでしょうか。
まず、既存住宅に設置する場合は、お住まいの市町村条例や、最寄の消防署に確認しましょう。寝室や階段などのほか、自治体によっては台所への設置を義務づけている場合もあります。
また、火災警報器にはさまざまな種類があり、設置場所や環境、部屋の広さや生活形態によって適するものが変わります。まずは、どんな種類のものがあるかをチェックしていきましょう!
感知方式で選ぶ
電源方式で選ぶ
警報音で選ぶ
メーカーで選ぶ
いろいろな探し方で選ぶ
ランキングから選ぶ

注目アイテムをチェック

ワイヤレスで連動するタイプ

ワイヤレスで連動するタイプなら、別のお部屋での火災もお知らせ!部屋数の多い方やお年寄り・お子様のいるご家庭に!まとめ買いもできます 。

電池・AC電源不要のゼンマイ式

電池・AC電源不要のゼンマイ式。内部に仕組まれた形状記憶合金が熱に反応してゼンマイ式のベルを鳴らします。取り付けも簡単です

警報音やブザー音だけでなく、音声でお知らせ

警報音やブザー音だけでなく、音声でお知らせするので聞き取りやすい!電池切れや機器の異常を知らせるタイプも。

感知方式で選ぶ

けむり式

消防法で設置が義務付けられているのは、この煙式になります。
煙が警報器内部に入ると音やブザーで知らせるタイプで、火災をより早期に発見するために有効です。
寝室、階段、廊下の設置に適しています。

ねつ式

警報器周囲が、一定以上の温度に達すると音やブザーで知らせるタイプです。
調理などで煙や水蒸気が発生する台所などに適しています。

電源方式で選ぶ

電池式

電気配線工事が不要で、既存住宅に適している。5年や10年間動作するものが主流となっており、電池寿命を音声やブザー音で知らせるものもある。電池交換不可能なタイプは機器寿命と共に警報器自体を取り替える必要がある。

家庭用電源式

家庭用電源を使用するので電池交換が不要。いざというとき、電池切れで作動しない、という心配もありません。新築住宅の場合なら、天井や壁に配線を埋め込んでしまうことも可能。

いろいろな探し方で選ぶ

離れてても安心!連動型

一箇所で火災を管理すると連動して他の部屋にも知らせることができるのが連動型。配線不要のワイヤレスタイプもあるので、部屋数が多い、子どもやお年寄りのいる家庭に向いています。

ガス漏れもチェック!複合型

警報器にはガス漏れや不完全燃焼などを知らせてくれる、複数のセンサーを組み込んだ複合式もあります。キッチンなどに適しています。

できれば一緒にそろえたい!防災アイテムピックアップ

ランキングから選ぶ

ランキング火災警報器

ランキング消火用品

ランキング防災セット

ジャンルで探す

開催中のイベント集

キーワードで探す

開催中のイベント

専門市場から探す

社会的責任[CSR]