タオルカタログ:オーガニックコットンやガーゼなど素材や織り方でタオルを選ぶ

全てのジャンル

日用品雑貨・文房具・手芸

あなたを優しく包み込む 幸せタオルを探そう タオルカタログ

ふんわり派?しっかり派?毎日使うものだから、お気に入りのタオルを見つけよう!

注目のアイテム

  • 今治タオル

    今治タオル

    タオル職人のこだわり、歴史と伝統の国産タオル

  • 泉州タオル

    泉州タオル

    明治20年から続く肌触りが良く、吸水性に優れた国産タオル

  • 名入れのタオル

    名入れのタオル

    お子様やご家族に!刺繍名前入りでオリジナルタオルを

  • ケーキタオル

    ケーキタオル

    本物!?思わず食べたくなっちゃうかわいさ!プレゼントにも◎

タオルの選び方・使い方

選び方

選び方

「良いタオル=厚いタオル」と思われる人も多いようですが、一概にはそう言えません。
厚い物は毛足が長く柔らかく織られている物が多いので、触った感触も良く水分の吸収量は多くなります。
触った感触で選ぶなら、厚いタオルやシャーリング地の物が「良いタオル」と言えるでしょう。
また業務用やお掃除用として使う場合には、柔らかで毛足の長い物は、毎日の洗濯・乾燥には耐久性の面で適さない場合があります。
用途によって素材や織り方で使い勝手のよいものを選びましょう。

使い方

使い方

新しいタオルは製造の際についた糊剤や染料、細かいほこりなどがついている為、一度洗ってからお使いください。
洗う事により余分な糊剤や染料などが落ち、タオルがふっくらとして吸収が良くなります。
柔軟剤には、油剤や親油性の薬剤が入っている為、使用すると吸収力が落ちる場合があります。
乾燥機は高熱になるため、目がつまり、特に綿以外の素材では縮み、ゆがみの可能性があり、乾燥機の使用には注意が必要です。
風通しのよい陰干しをすると色あせも少なく、長くご使用いただけるでしょう。

種類で探す

素材で探す

織り方で探す

ギフト用を探す

ベビー用品を探す

開催中のイベント

社会的責任[CSR]