エントリー済みのプロジェクト:
「スーパー給食」で熊本の子どもたちの食育に貢献
(一般社団法人 超人シェフ倶楽部)
エントリー済みのプロジェクト:
福島 南相馬の働くママを輝かせ、新たな産業の種をつくりだすプロジェクト
(認定NPO法人 フロンティア南相馬)
エントリー済みのプロジェクト:
『シングルマザー365日サポートブック』を500名に無料配布
(特定非営利活動法人 しんぐるまざあず・ふぉーらむ)
エントリー済みのプロジェクト:
パソコン教育で、学習支援が必要な子どもの未来の選択肢を広げたい!
(特定非営利活動法人 キッズドア)
エントリー済みのプロジェクト:
ユーズド・ヘアアクセをカンボジアへ送ろう。途上国の女の子の自立支援〜Little Ecoプロジェクト
(リトルムーンインターナショナル株式会社)
エントリー済みのプロジェクト:
猫の殺処分ゼロを目指して、保護猫の里親を見つけたい!
(株式会社 ネコリパブリック)
エントリー済みのプロジェクト:
プロジェクトを選択せずにエントリー
(寄付金は各プロジェクトに均等に配分されます)
Project 3

『シングルマザー365日サポートブック』を500名に無料配布

特定非営利活動法人 しんぐるまざあず・ふぉーらむ

お金だけではない、シングルマザーの悩み

ひとり親家庭のうち、半分以上が貧困と言われています。お金がないだけでなく、子どもと過ごす時間もなく、成長する子どもをどう見守っていくか。すべてを一人で乗り切らなければならないシングルマザーには、支えてくれる確かな情報が必要です。しかし、情報が氾濫する現代、道しるべになるような確かな情報や十分な知識は実は見つかりづらいのが現状です。

本プロジェクトへの寄付金総額は500,000円でした
(お客様:8,548円、賛同ショップ:1,432円、楽天市場:490,020円)
たくさんのご支援ありがとうございました。

活動レポート
プロジェクト詳細
  • 2017/5/12活動レポートVol.4を公開しました。

Vol.4 NEW!

相談しにくい特有の悩みから孤立するシングルマザー

レポート4回目の今回は、本の無料配布の募集や配布状況をご紹介します。 上の画像は、2016年12月にしんぐるまざあず・ふぉーらむ(SMF)のホームページで本の無料配布を募集したときのものです。メルマガやSNSなどで告知を行いました。 12月1日から募集開始すると、毎日20〜30件ベースで申込みがありました。告知と並行して本の発送も開始。 その本を手にした方が、口コミやブログで紹介してくださり、その後も順調に申込みがありました。1月には申込が500人に到達したため、申込を締め切らせていただきました。

役立ちますように!みんなでたのしく発送作業

本の発送は、スタッフやボランティアで実施しました。 発送担当の井上裕子さんは「たくさんの応募があってうれしいです。表紙をみても明るい感じで、みなさんにこの本が届いて、役に立つといいなあと思いました。本の誤植の訂正作業もあったので、みなさんと協力しあい連帯感がありました」との感想。 シングルマザーの子どももお手伝いしてくれ、その中から誤植用のシール貼り名人が出現することも。また、学生のボランティアさんが有能なチームワークをみせ活躍してくれるなどして、お待たせせずに無事500冊を発送することができました。

Vol.3
【2017/4/7】

相談しにくい特有の悩みから孤立するシングルマザー

レポート3回目の今回は、ご支援が、シングルマザーの孤立を和らげることに役立っていることをお伝えしたいと思います。シングルマザーにとって大きな不安の一つは、ひとりで子育てをしていくこと。「父親のことを子どもにどう伝えたらよいのか」「父親がいないと、子どもの成長がゆがまないか」などの特有の悩みや不安を、周囲に相談できずに、孤立や孤独感を抱えている方が多くいらっしゃいます。無料配布した本には、ひとりで子育てをしていく中でぶつかる悩みを解決するための情報や、当事者からの体験談を数多く掲載しました。

あなたのご支援がシングルマザーを元気づけています

1つお礼の声をご紹介します。「身近に相談する人もなく孤立感がありました。『本のなかにはたくさんのシングルマザーがいてそれぞれの生活を頑張っている。私だけではない』と思うと肩の力がぬけました」。他にも、本を手にとることで、「悩んでいるのは自分だけではないと元気づけられた」という声をたくさん頂戴しました。経済的にも厳しいシングルマザーはたくさんいます。勇気づけられる情報を『無料』で届けられたことは、大きな意味のあるご支援だと感じます。あなたのご支援のおかげで、元気づけられたシングルマザーが数多くいます。

Vol.2
【2017/3/14】

ひとり親の多岐に渡る悩みを、確かな情報でサポート

レポート2回目の今回は、無料配布した本の内容を紹介いたします。本を発行したしんぐるまざあず・ふぉーらむでは、当事者団体として30年近くシングルマザーの数多くの相談にのってきました。そのなかで、社会的に孤立し、インターネットの不確かな情報にふりまわされてしまうシングルマザーが多いことを痛感しました。また、シングルマザーのかかえる悩みは、法律・子育て・福祉サービス・お金など多岐にわたります。そこで、専門家の知見やセンパイの経験からくる信頼できる情報を届け、包括的にサポートしたいとこの本を制作しました。

読むと安心!シングルマザーが知りたい事を網羅

上の写真は、目次の一部です。離婚の方法などの基本的な質問から、「子どもに父親のことをどう伝える?」「教育費をどう捻出したらいい?」など、ひとり親家庭によくある悩みを、わかりやすい語り口で答えています。また、確かな情報をとどけるために、弁護士が監修し、医師やスクールカウンセラー、社会福祉士などの専門家やセンパイシングルマザーが執筆。送付したシングルマザーから「知りたいことが具体的にズバリ書いてあるのでよかったです。読むと安心することができました。ありがとうございます」などの感謝の声を数多く頂きました。

Vol.1
【2017/2/10】

ご支援、心から深く深くお礼申し上げます

ご支援本当にありがとうございます。私たちは、シングルマザー支援団体の『しんぐるまざあず・ふぉーらむ』と申します。シングルマザーのかかえる、悩みや知りたい情報は、法律・子育て・仕事・お金・心のケア・福祉サービスなど多岐にわたります。しかし、働きながらひとりで子育てをするなかで、調べたり相談したりする余裕がない方がたくさんいます。また、ネットなどの不確かな情報に翻弄されてしまう方もいます。今回ご支援で送付した本は、専門家やセンパイの当事者がそれらの悩みや疑問にわかりやすく答える内容になっています。

御礼の声、続々。シングルマザーの明日への活力に

本を配布したシングルマザーから、お礼の声が数多く届いております!一部をご紹介しますね。「DVで子どもを連れて逃げ、先日離婚が成立しました。離婚後のことについての本を書店で目にすることが少なく、とても困っていたので助かります」「今まで生活するだけで精一杯。情報集め等考えられませんでした。この本を参考に解決できる力を身につけていきたいです」「どうしたらいいのか道筋が見え、とても気持ちが楽になりました。ありがとうございます」あなたのご支援が、シングルマザーの悩みや疑問の解決にとても役立っています。

お金だけではない、シングルマザーの悩み

日本のひとり親家庭の相対的貧困率は54.6パーセントで、半分以上が貧困状態にあると言われています。離婚直後に仕事と子育てをどう両立させるか。多感な時期に子どもが道をそれてしまったら。進学に向けた教育環境や費用に見通しがつくか…。シングルマザーと一口に言っても、離婚からの年数や子どもの年齢などに応じ、直面する問題はさまざまです。孤立しがちで、支援制度がなかなか周知されていないという現実もあります。

スマホ検索だけでは確かな情報に出会えないことも

シングルマザーが「本当に自分に役にたつ情報」と出会うのは、簡単ではありません。ネットで「シングルマザー」と検索すれば、同じように苦労している人の衝撃的な体験談がたくさん見つかります。しかし、自分がどんな道を歩むべきなのかを教えてくれるような、出所のはっきりとした確かな情報は、なかなか見つかりません。これだけ情報があふれている時代でも、本当に必要な知識や知恵は見つけにくいのが現状です。

専門家による実践的な情報を届ける

シングルマザーの道しるべとなる、実践的な情報を届けるために、『シングルマザー365日サポートブック』を刊行しました。この本の制作には、シングルマザーに関する著書を持つ当法人のメンバーをはじめ、児童精神科医も参加。支援制度やキャリアアップ、子育てに関することなど、私たちがこれまでに積み重ねてきた経験や専門家の知識をもとに、確かな情報を発信します。シングルマザーが抱える多重的な困難への解決に向けた確かな手引となります。

「500冊無料配布」実現の資金に

私たちだからこそできる活動として、この『シングルマザー365日サポートブック』を500人のシングルマザーに無料でお送りしたいと考えています。通常は1冊800円で販売されるサポートブック。これを目標人数に届けるため、50万円の資金を必要としています。500冊の代金と送料、告知のためのウェブサイト開設の費用などに活用し、頼りになる情報があることを知っていただきたいと思っています。配布は当団体のオフィシャルページで受け付ける予定です。

親子を力づけ、情報を得やすい社会をつくる

短期的には、一人ひとりのシングルマザーに確かな情報を届けることで、それぞれが抱える困難の解決をサポートしていきます。たくさんの困りごとをひとつひとつ解決していくために、支援制度を利用したり、本のアドバイスを実践していただくことはもちろん、キャリアアップに向けたキャリア支援など、シングルマザーと子どもたちをエンパワーするための情報や相談先が満載です。そしてとっても読みやすい。長期的には、より多くのシングルマザーと子どもたちが心配なく生き生きと暮らせる社会を作ることが目標です。

特定非営利活動法人
しんぐるまざあず・ふぉーらむ

ママが元気になれば子どももしあわせに!シングルマザーが子どもといっしょに生き生き楽しく過ごせるよう、ママを勇気づけ、社会で活躍するための支援を行っています。会員数は現在600人。電話相談や情報交換、交流、パーソナルサポート、就労支援などを行っている、当事者中心の団体です。

http://www.single-mama.com/

シングルマザー365日サポートブックをお求めの方はこちら↓
http://www.single-mama.com/publish/singlemother365.html


上へ

200ポイントプレゼント

社会的責任[CSR]