全てのジャンル

キッズ・ベビー・マタニティ

関連サービス
おすすめ :
検索条件
  • 北海道
  • 東北
  • 関東
  • 甲信越
  • 北陸
  • 東海
  • 関西
  • 中国
  • 四国
  • 九州
  • 沖縄
翌日配送設定について

 
 
 
 
  • のキーワードを含む
  •  を除く
 
絞込み条件について
 
ヘルプ 別ウィンドウが開きます
  • アメリカ・中南米
  • ヨーロッパ・中近東・アフリカ
  • アジア・オセアニア

 
楽天で売る
 

「健やかに、元気よく」
家族の想いを、お膳に込めて


赤ちゃんが生まれると、お七夜、命名式、お宮参り、初節句などなど、普段はあまり馴染みのない、けれども赤ちゃんの人生にとっては大切な記念となる「伝統行事」が続きます。
生後100日目を目処に行われる「お食い初め(おくいぞめ)」も、そんな大切な行事のひとつ。
「お食い初め」の成り立ちや意味、そこに込められる願いや想い、そして儀式としてのしきたりや決まり事を知った上で、赤ちゃんの健やかな成長と明るい未来を願う人達が集まる、楽しい記念イベントにしたいですよね。
伝統的なしきたりを踏襲しつつも、より楽しく、より思い出に残る「お食い初め」にするために必要なこと、考えておきたいこと、準備するものなどをご紹介します!

赤ちゃんが食べ物に初めて触れる機会です。

赤ちゃんが食べ物に
初めて触れる機会です。


お食い初めはいつ行う?

一般的にお食い初めは、赤ちゃんの生後100日あたりに行う、と言われていますが、あまり厳密にこだわる必要はないようです。生後3カ月を過ぎると母乳・ミルク以外の物もそろそろ口にさせたい時期なので、それと合わせて「離乳食スタートのきっかけ」とするご家庭も多いようです。
また地域によって、生後110日目、120目などが伝統とされている場合もあるので、それぞれの地方のしきたり、ご家庭の考え、赤ちゃんの体調、また招待する人達の都合なども考え合わせて、柔軟に設定するのが良いですね!

お食い初めの歴史

お食い初めの料理には、それぞれ込められた意味があります

お食い初めの料理には、
それぞれ込められた
意味があります

「お食い初め」は、平安時代に始まった儀式であると考えられています。赤ちゃんの乳歯がそろそろ生え始める生後100日目あたりに、「子供が一生食べる物に困らないように」という願いを込めて祝い膳を用意し、赤ちゃんに食べる真似をさせるというものです。
江戸時代ごろには、魚、餅、飯、吸い物など、それぞれに特別な意味がある食材を使った一汁三菜の膳を供するという、現代に続いているスタイルが確立したと言われています。
食べる物にあまり困らなくなった今では、「子供が健やかに、元気に育ちますように」という家族の願いを込めつつ、祖父母や親戚、親しい人達なども集まって賑やかに会食などをする記念行事のひとつともなっています。


お食い初めの日までに考えておくこと

お食い初めの日取りを決めたら、どんなスタイルでするのか考えましょう。伝統的には、おじいちゃん・おばあちゃんはじめ、親戚や知人などを自宅に招いて大々的に行うものでしたが、必ずしもそこまでする必要はありません。
自宅で赤ちゃんとパパ・ママだけでゆっくりお祝いするのも良し、同じ頃にお食い初めを迎えるママ友達のご家族を呼んでパーティースタイルにするのも良し。ホテルなどの「お食い初めプラン」を利用する手もあります。

お食い初めに使用する食器の準備

自宅で行う場合は、儀式のためのお膳などを揃えます。正式には、新品の塗りのお椀や足の付いたお膳などを用意することになりますが、このような食器を無理に揃える必要はありません。
最近では、離乳食用の食器も兼ねた「お食い初めセット」や、成長してからも長く使えるシンプルな木製の食器とお盆のセット、またはレンタルのお膳などもあります。価格やデザインなど、好みのものを探してみましょう。

 オススメのお食い初め食器・お膳を探す


お食い初めに必要な食器の種類

伝統的なお食い初めの食器とその配置は、以下のような種類になります。


1. お 膳: お正月やお祝いごとに使用される、足の付いた「宗和膳」や「蝶足膳」を使用するのが一般的です。
2. 飯 椀: 赤飯など、ご飯ものを入れるお椀です。
3. 汁 椀: お吸い物のお椀です。
4. 高 杯: ここには「歯がための石」や「梅干し」などの儀式的なものを盛ります。
5. 平 椀: 煮物を入れるお椀です。
6. つぼ椀: 香の物、または酢の物のためのお椀です。

このお膳に加えて、大皿の尾頭付きの鯛などをつけると、最も一般的なお食い初めの配膳スタイルとなります。


 お食い初め食器の売れ筋人気ランキングを見る


「健やかに、元気よく」
家族の想いを、お膳に込めて




社会的責任[CSR]