【楽天市場】五月人形・こいのぼり特集 2017| 5月5日は端午の節句

全てのジャンル

キッズ・ベビー・マタニティ

2017年3月3日(金)10:00〜2017年4月3日(月)9:59

    五月人形デイリーランキング

    こいのぼりデイリーランキング

    • こいのぼり ランキング

    こいのぼり ランキング

    端午の節句・こどもの日Q&A

    • Q

      今年は息子の初節句。五月人形は誰が用意するの?

      A

      以前は初節句の飾りは母方の実家から贈るという習慣がありましたが、金銭的負担が大きいこともあり、現代では両親がお人形を選び、両家で話し合って費用を分担するなどしているようです。

    • Q

      次男・三男にも、それぞれ五月人形は必要?

      A

      五月人形は、お子様にふりかかる災いを身代わりとなって受けてくれるお守りなので、できれば一人ひとりに用意してあげるのがいいでしょう。ただ、飾るスペースの問題もあるので、長男が【鎧飾り】なら次男には【兜飾り】を買ったり、【子供大将・金太郎飾り】【武者人形】を添えるなどして、お祝いをしてあげてはいかがでしょうか。

    • Q

      五月人形は、いつから飾っていつしまうの?

      A

      飾る時期は地方によって違いがありますが、一般的には春の彼岸すぎから遅くとも4月中旬までに飾ります。前日に飾るのは「一夜飾り」といって縁起が悪いとされているので気をつけましょう。しまう時期は、天気のいい乾燥した日を選んで5月中旬までにはしまいましょう。

    • Q

      こどもの日のお祝いでは、何をするの?

      A

      初節句を迎えるご家庭は、五月五日か宵節句の四日夜に、両家のおじいちゃん・おばあちゃんをお招きして盛大にお祝いをしてあげましょう。
      節句料理ですが、一般的には【柏餅】【ちまき】などを食べてお祝いをします。ひなまつりと違って特に決まった料理はありませんが、「勝男」にちなんで【カツオ】の料理や、出世魚の【ブリ】などを使った料理を食べることが多いようです。
      また男のお子様のいらっしゃらないご家庭でも、こどもの日には【菖蒲湯】に入るなどして、季節の行事を楽しんではいかがでしょうか。

    キッズ・ベビー・マタニティジャンルで開催中の特集

    カタログから探す

    社会的責任[CSR]