福島県立福島高校×こだわり横丁ふくしまや×楽天コラボ【福島】

【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ

  • 総合案内所
  • ヘルプ
  • ご意見窓口
  • 楽天トップへ
  •  
いわき・相馬
中央・南部(郡山・白河)
北部(福島・二本松)
磐梯・猪苗代
会津(会津若松・喜多方・南会津)
福島県立福島高校×こだわり横丁 ふくしま×楽天市場コラボ企画 もも!なし!りんご!福島高校の高校生がつくったおいしいをお届け!

こんなページができました!生徒たちが提案する商品をご購入いただけます!

チーム名:Aチーム
Aチーム

桃の香りを楽しめる商品

一口食べたら、心がほんわか。無添加!ももジャム。
感謝の気持ちと一緒に大切な人への誕生日プレゼントに、毎日の食事に。

お買い物ページへ
チーム名:Bチーム
Bチーム

梨ジャムで簡単パンケーキ

福島県産の20世紀梨を使ったジャム。新しい味のジャムで朝食を囲む会話が楽しくなります。

お買い物ページへ
チーム名:Cチーム
Cチーム

募金ができるゼリー

梨で作ったゼリーを買っていただくと売り上げの一部を福島復興の事業に役立てます。

お買い物ページへ
 
チーム名:Dチーム
Dチーム

福島高校からゼリー革命!

ゼリーにジャムをかけて食べる。りんごゼリーと桃ジャムの新しいコラボレーションです。

お買い物ページへ

活動紹介

楽天の出店店舗「こだわり横丁ふくしまや」と「福島県立福島高校」1年生、2年生の皆さんがコラボレーションし、旬の果物を使った新商品プロデュースに挑戦!約8ヶ月を通してネットショップ運営のノウハウを学び、楽天市場ご出店店舗のご協力を頂きながら商品企画、販売、検証を行っていきます。本年は、4チームに分かれオリジナルの商品の企画・販売に挑戦しました。福島の魅力をたくさんの人へお届けします!福島高校ではIT学校で初めてのHTML講習も行いました。

企画書を作成しているときの様子

企画書を作成しているときの様子

HTMLを学習している様子

HTMLを学習している様子

5月24日
授業開始!ネットショップの基本を学ぶ


6月18日
店舗様の商品を知る。こだわり横丁ふくしまや店長、菅野様 講演


7月23日、24日
マーケティングを考える。商品企画書の作成とHTMLの学習


10月9日
ページの構成のポイントを知る。ページラフ案作成


11月7日
ページの制作をはじめる


12月17日
ページ完成。販売開始


1月14日
経過を分析しページの改善を行う。

完成までの道のり

店舗様の講演の様子

店舗様の講演の様子

▼ネット販売の基礎から学ぶ

1年生と2年生でスタート。商品を買う側ではなく売る側の立場になって実際に販売されている商品を題材に「どんな商品紹介だとお客さんは欲しくなるのか」「誰にどうやって買っていただくのか」など真剣に考え、お客様視点に立った販売方法やマーケティングについて学びました。

▼商品がもたらす幸せを売るのだ!

もうひとつ商品を販売する際の大切なことを学びました。
「ただ、商品を売るのではない。その商品がもたらす幸せな生活を売る」ことの大切さを実例と共に学びました。

インタビュー

こだわり横丁ふくしまや 店長 菅野秀美さん

こだわり横丁ふくしまや 店長 菅野秀美さん

▼自分自身も非常に参考になる事が多かった

こだわり横丁ふくしまや 店長 菅野秀美さん

楽天さんからお話があった時、とても面白いと思いました。 毎日店舗運営をしている考え方ではなくまだ若い高校生のアイディアを聞けるた事も非常に有意義だったと思います。 ただ全てのアイディアを活用できる訳ではないのでその辺は難しかったです。 一番すごいと思ったのは商品の開発が始まってからなかなかページ作成が思うように進まなくて間に合わないと思ったのですが最後の追い込みで全てのチームがページを完成させてくれたのが嬉しかったです。 約1年を通して高校生の考え方を聞けた事で店舗を運営する上でも非常に参考になる事が多くて良かったです。

福島県立 福島高等学校 講師 寺島広晶

福島県立 福島高等学校 講師 寺島広晶

▼販売が持つ社会的な意義も考える生徒たち

福島県立 福島高等学校 講師 寺島広晶

本校は文科省SSH(Super Sience Highschool)指定校となっており、そのSSH事業の中 で、未来を担う科学技術人材育成を目標に、希望者を対象として「楽天IT学校」の授業 を行いました。 楽天IT学校の授業を通して、今まで消費者としての視点しか持っていなかった生徒た ちが「どうすればこの商品に特別な価値を見出せるか」「どうすればこの商品の価値をお 客様に伝えられるか」など、様々な視点から物事と向き合えるようになりました。また、 「ただ売れる商品」を考えるのではなく、「復興のために福島の農産物を使った商品を販 売しよう」と、販売が持つ社会的な意義も考えながらの取り組みを進めることもできまし た。 生徒たちには、ここで学んだ多角的な視点や思考を礎として、今後の日本を支え福島の 復興に貢献できるような人材になってもらいたいと思います。

今回の協力店舗

こだわり横丁ふくしまや 店長 菅野秀美さん

こだわり横丁ふくしまや

昭和24年に『有限会社 菅野房吉商店』福島市に設立された会社です。
現在3代目の社長と共に福島県内の高速道路のSA・PAや駅の構内、全国のデパート・百貨店などの物産展にも出店しています。 インターネット内では『こだわり横丁 ふくしまや』として日々ふくしまの『うまいもん』を皆様に発信しています。

ショップページはこちら

楽天IT学校 2013年の取組み

  • ・海外向けネット販売の実践(対象校:岐阜県立岐阜商業高等学校、大分県立大分商業高等学校)
  • ・楽天のグローバル人材による講義(大分県立大分商業高等学校)
  • ・「Made in Japan」品質を訴求する商品販売
  • ・電子書籍koboを授業に導入

関連企画

【まち楽】福島のお土産、名産品、特産品、ご当地グルメなどの通販情報満載!
社会的責任[CSR]