ジュエリー、アクセサリー、腕時計の通信販売ショッピング / 通販オンラインショップ

永遠の憧れ ダイヤモンドカタログ

こちらは、ダイヤモンドの商品を紹介しています。リングやネックレス、時計など情報満載!

ダイヤモンドの4Cとは…

ダイヤモンドの品質を知るための指標としてGIA(アメリカ宝石学協会)が考案したもので、色(カラー)、透明度(クラリティ)、カラット(重さ)、カット(研磨)によって品質を評価してます。

詳しく見る

リング

ネックレス・ペンダント

ピアス

イヤリング

ブレスレット

ルース

メンズジュエリー

時計

ペアジュエリー

カラーダイヤモンド

ダイヤモンドの4つのC -ダイヤモンドの品質を評価する4つの要素
Carat(カラット)
Carat(カラット)
「カラット」という言葉は、4Cの中でも一番よく耳にする言葉ではないでしょうか。
「付き合って1年目の記念日に、0.1ct(0.1カラット)のダイヤの指輪をプレゼントしてもらったの?」
この場合、カラットとは、大きさを表す単位のように思えますが、実は「重さ」を表す単位なのです。
紀元前500〜紀元前600年頃、インドのドラヴィダ人がダイヤモンドを計る際、分銅代わりに使用していた豆「カロブ」が語源で、その豆「カロブ」がおよそ0.2gだったため、『1ct=およそ0.2g』 とされています。

Color(カラー)
Color(カラー)
ダイヤモンドは無色透明ではなく、実際にはかすかに色がついているものがほとんどで、無色透明な物ほど高く評価されます。それとは別に、ファンシーカラーといって「色」を楽しむダイヤモンドもあります。無色透明なものをDとし、Zまで分類されます。

Clarity(クラリティ)
Clarity(クラリティ)
「透明度」を表す基準です。キズ、欠け、内包物(インクルージョン)の大きさ・場所・性質などを鑑定して評価が決まります。
天然の証である内包物が無いダイヤモンドは非常に希少性が高くなりますが、最近ではクラリティをあまり気にせずにファッション感覚で大きなダイヤモンドをお選びになる方も多くいらっしゃいます。

Cut(カット)
Cut(カット)
ダイヤモンドの形であり、女性のプロポーションのようなもの。
カットによって色や傷を隠したりすることもできるので、他のCに大きく影響してきます。
「ラウンドブリリアントカット」は、ダイヤモンドの魅力を最大限に引き出すことができるカットとして、広く使われています。
カットにもランク付けがあり、
Excellent→Very Good→ Good→ Fair→ Poor の順に
すばらしい→とてもよい→ よい→  ふつう→悪い
となっています。
(情報提供:バージンダイヤモンド銀座)
0.25 0.50 0.75 1.00 1.25 1.50 2.00 D E F G H I J K L M N Z FL IFVVSI VVS2 VS1 VS2 SI1 SI2 I1 I2 Excellent VeryGood Good Fair Poor
欲しいアイテムを旦那様・彼氏におねだり!気になるアクセサリーを彼におねだり

■ポイントがもらえちゃう!など特典つきキャンペーン

■自分にぴったりのコーデ

■絶品グルメやスイーツ!

■楽天市場のおすすめ

■楽天市場を使いこなそう

社会的責任[CSR]